見晴館から「砂走館」へ、現在工事中

twitter google+ LINE はてなブックマーク

倒壊した見晴館を抜け、さらに下ります。

ブルドーザーが通る道が見えます。ここを下れれば楽なのでは、などと思うものの、通ってはいけない場所ですので、淡々と登山道を下っていきます。

しばらく歩くと「赤岩八合」に到着です。ここで標高3300m。到着時間は11時24分と、下山開始から1時間8分でした。

トイレもあります。200円です。

仮に御殿場口から登るのであれば、ここが最後の山小屋となります。

再び淡々と下山。

足元は滑りやすいため、転ばないように注意しながら進みます。

しばらく下っていくと、工事しているところがありました。

そして到着したのが山小屋「砂走館」です。11時55分着。「赤岩八合」から31分で到着。コースタイムは30分でしたので、ほぼぴったりのペースです。

ですが、ここが工事している場所で、山小屋はありませんでした。建て替え工事のようです。2010年の8月下旬辺りに壊し、9月に完成予定とのこと。2011年の山開きには新しい「砂走館」が御殿場口ルートにお目見えすることになります。

このときはトイレは使用可能でした。200円です。

また、飲み物などの販売も工事現場の脇で行われていました。このため、下山時の飲料水補給などは問題なく出来ました。

ここで飲み物を補給。500円でした。

水分補給をし、下山再開。

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。