富士スバルライン五号目から泉ヶ滝へ

twitter google+ LINE はてなブックマーク

12時55分に登山スタートです。

富士スバルライン五号目からは、少し下る形で先に進むことになります。

道は整備されていて平らですので、安全に歩くことができます。

だからといって、スピードを上げて一気に進むのではなく、ここでは高度に慣れるために、そして、体を温め、疲れを後まで溜めないように、ゆっくりと進んでいきましょう。

高山植物らしきものもあります。こうしたものを眺めながらゆっくりと進んでいきます。

木々の間を歩くため、基本的には景色は楽しめませんが、時折遠くの景色が見られる場所もあります。

整備された道から、岩が含まれた道に変わります。このあたりから、登山らしい感じが出てきます。

そして、泉ヶ滝に到着です。13時8分と13分で到着しました。コースタイムは20分ですので、かなり早いペースと言えるでしょう。出来れば意識してこのあたりでペース配分を再考したいところです。

滝という文字が名前にありますが、別に水が流れているとかではありません。

ここでは分岐しているので、間違った方に進まないように注意が必要です。登りが正解です。下りに行くと、「吉田口五合目」に進んでしまします。

次は「富士山安全指導センター」を目指します。

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。