富士山六合目「雲海荘」「宝永山荘」

twitter google+ LINE はてなブックマーク

「雲海荘」の手前側にトイレがあります。200円。

バイオトイレは陸地の水洗トイレなどと使い方が異なりますので注意。特にペーパーを使うときの対応方法は知っておく必要があります。

自動販売機が設置してあり、飲料水の販売も。価格は300円とお高め。

雲海荘は富士山登山にしては低めの位置にある山小屋ですので、宿泊よりかは立ち寄って飲料水の補給や軽食を食べるといった使い方が多いと思います。

ラムネも売られていました。

「雲海荘」に並ぶ形で奥のほうに「宝永山荘」があります。こちらも売店機能があるほか、中に入って休憩もできます。山小屋では基本的に中に入っての休憩は宿泊時か、もしくは悪天候時だけなのですが、やはり場所がまだ低めのこともあり、こうした休憩無料サービスも行っているようです。

宝永山の進行方向が書いてあります。

宝永山荘の立て看板。海抜2500メートル。

宝永山荘から奥に進むと、道が分かれています。片方は富士山山頂を目指す富士宮口、もう片方は宝永山を目指すルートです。

ただ、富士山山頂を目指すルートはシーズンオフのため、通行止めとなっています。かなり厳重に塞がれています。このため、山頂を目指すのでしたらシーズン中にしっかりと予定を立てていきましょう。

そして、いよいよ宝永山に向け、本格登山の開始です。

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。