富士山登山人数集計2017年

twitter google+ LINE はてなブックマーク

富士山の登山人数に関する集計結果が発表されています。2017年7月1日から2017年9月10日までに登山をした人の人数のデータです。

2013年までは8月31日までのデータでしたが、2014年からは9月14日までのデータです。そして、2016年からは9月10日までが集計されています。

ここではその詳細を紹介します。

過去のデータに関しては下記をご覧ください。

なお、2017年に発表されたデータに関しては、2008年、および2014年以降の数字が以前発表された数字と異なっている箇所がありましたので、できるだけ最新の数字に書き直しています。過去のデータをご覧になる際はあらかじめご了承ください。

2014年以降の数字の変更の理由としては、2017年から調査期間を変更したことにより、過去のデータを同じ調査期間に合わせるための修正とのことです。調査期間は開山日から閉山日まで。

データは環境庁 国立公園 富士箱根伊豆国立公園サイトより。

富士山登山人数は年々増加

2005年(平成17年)からの登山者数は下記のようになっています。この数字は、8合目を通った人数です。

年数 人数
2005年 200,292
2006年 221,010
2007年 231,542
2008年 297,875
2009年 292,058
2010年 320,975
2011年 293,416
2012年 318,565
2013年 310,721
2014年 277,494
2015年 230,248
2016年 245,675
2017年 284,862

8合目の手前で諦めた人も当然いるかと思いますので、富士山の登山を実施している人はもっと多いと思われます。

2016年と比べ、2017年は39187人増加しています。

減少傾向だった富士登山者人数が2016年より持ち返していましたが、今年はさらに大幅な増加となりました。

富士山登山ブームであった5年前以降と比べると、まだその数字には達しませんが、それでもかなり近い値になっています。

富士山登山ブームの際は最高で約32万人が登山をしました。

今回の上昇の理由として考えられることとしては、2年前の御嶽山火山の噴火による登山に対する危機意識の高まりが、より薄まったことが挙げられます。

また、天候にも恵まれ、特にお盆シーズンに天気が悪化しなかったことも影響しています。この影響で、1日で一番多くの登山者が訪れた日は8月13日の8201人でした。去年は7月30日の7762人が最高です。

この他、外国人の登山者の増加なども、上乗せ要因になっていると思われます。

今後、この数字がどのように変化するのかも注目です。

登山道別の推移

ルート別の登山人数の推移です。一部でデータの欠損があります。また、誤動作で計測されている分は数値の補正をしてあります。

2017年は割合に大きな変化はなく、一定の割合をどのルートも保っています。

2017年に行われた過去の人数の変更に伴い、割合等のデータも再度計算しなおしています。

吉田ルート

一番人気のルートです。

年数 人数 割合
2005年 108,247 54%
2006年 119,631 54%
2007年 132,980 57%
2008年 172,369 58%
2009年 169,217 58%
2010年 184,320 57%
2011年 165,038 56%
2012年 189,771 60%
2013年 179,720 58%
2014年 170,947 62%
2015年 136,587 59%
2016年 151,969 62%
2017年 172,657 61%

富士宮ルート

二番人気のルートです。

年数 人数 割合
2005年 57,962 29%
2006年 61,611 28%
2007年 54,011 23%
2008年 64,034 21%
2009年 67,590 23%
2010年 78,614 24%
2011年 72,441 25%
2012年 77,755 24%
2013年 76,784 25%
2014年 59,771 22%
2015年 55,516 24%
2016年 58,090 24%
2017年 70,319 25%

須走ルート

三番人気のルートです。

年数 人数 割合
2005年 25,416 13%
2006年 30,536 14%
2007年 33,394 14%
2008年 44,848 15%
2009年 43,861 15%
2010年 48,196 15%
2011年 40,179 14%
2012年 35,577 11%
2013年 36,508 12%
2014年 31,626 11%
2015年 23,122 10%
2016年 20,277 8%
2017年 23,475 8%

※2017年は8月7日から8月8日のデータが欠測(台風接近のため撤去)
※2015年は7月16日7時50分から7月18日13時50分まで台風11号接近のためデータ欠損

御殿場ルート

あまり人気のないルートです。初心者にはお薦めできません。

年数 人数 割合
2005年 8,667 4%
2006年 9,232 4%
2007年 11,157 5%
2008年 16,624 4%
2009年 11,390 4%
2010年 9,845 3%
2011年 15,758 5%
2012年 15,462 5%
2013年 17,709 6%
2014年 15,150 5%
2015年 15,123 7%
2016年 15,339 6%
2017年 18,411 6%

※2017年は8月7日から8月9日のデータが欠測(台風接近のため撤去)、9月6日から閉山日までのデータが欠測(カウンター不具合により欠測)
※2016年は7月3日、15日、22日、27日、8月28日のデータが欠測。理由は公式発表で不明となっています。
※2015年は7月1日から7月6日20時54分までデータ欠損、7月16日から7月19日6時30分まで台風11号接近のためデータ欠損
※2014年は7月10日から7月12日13時まで台風8号接近のためデータ欠損
※2010年は7月5日10時頃から7月19日13時頃までデータ欠損

集中する登山シーズンの時期

登山シーズン中の時期ごとの登山人数は下記のようになっています。

時期 2017年 2016年
7月上旬 6% 7%
7月中旬 12% 11%
7月下旬 18% 19%
8月上旬 15% 18%
8月中旬 20% 21%
8月下旬 17% 12%
9月上旬 13% 13%

2017年は全体的に天候に恵まれているため、バランスよく登山者が上っています。

去年は8月下旬に台風が来たため、その部分だけ特異な数字になっていますが、今年はそうした大きな影響もありませんでした。

登山道別最大登山人数を記録した日

登山道別の人数で、一番多かった日は下記のようになります。

ルート名 日時と曜日 人数
吉田ルート 8月12日:土 4,544
富士宮ルート 8月13日:日 2,656
須走ルート 7月16日:日 791
御殿場ルート 8月6日:日 1,020

土日に集中していることが窺えます。

天候の良く、お盆休みでもある8月12日、13日に2つのルートで最大人数となっています。

御殿場ルートが異常な値になっているように感じますが、何かしらの団体か、もしくはイベントなどがあったのでしょうか。去年の段階では最大が557人でしたので、2倍近い数字になっています。 

2017年のデータの欠測

以下の日程で欠測があります。

須走ルート

8月7日から8月8日のデータが欠測(台風接近のため撤去)

御殿場ルート

8月7日から8月9日のデータが欠測(台風接近のため撤去)

9月6日から閉山日までのデータが欠測(カウンター不具合により欠測)

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。