新宿の「新宿高速バスターミナル」からバスで移動

twitter google+ LINE はてなブックマーク

富士吉田までの移動は新宿からバスを用いて行くことにしました。富士急のバスです。

新宿駅に降りたら「新宿高速バスターミナル」を目指します。西口方面にある大型のバス停で、チケットをその場で買うこともできます。

西口には他にもバス停がたくさんあるため、迷わないように移動する必要があります。

地上に出て、「新宿高速バスターミナル」を目指します。

地上に出た場所が良かったからかすぐバス停が見えました。

すでにインターネットで予約し、料金も支払っているため、中に入っても特にすることはありません。

待合室が地下1階にあるようなので、そちらに移動。

椅子などが多数あります。また、売店も併設されています。

前方の電光掲示板は全部の便が表示されるわけではないようで、今回乗るバスについても表示されていませんでした。

現地でご当地グルメを食べる予定でしたが、少しおなかがすいていたので、サンドイッチを購入。235円。

時間があったので、周囲をチェックしに移動。

「新宿高速バスターミナル」のあたりから見た新宿駅方面です。京王百貨店や小田急百貨店などのお店が見えます。

この小田急百貨店の前のあたりもバス停になっています。しかし、「新宿高速バスターミナル」はそれらのバス停とは少し離れた位置にあります。間違えて小田急百貨店前のバス停で乗車口を探さないように注意しましょう。

バスの出発時間が近づいたため、「新宿高速バスターミナル」に戻り、そして乗車します。

インターネットで予約した時には席に余裕があったのですが、この場所でチケットを買って乗り込む人も多かったようで、満席とのことでした。荷物がかさばるため、バスの下の荷物入れに荷物を預けます。

預けるときにスタッフに降りる場所を尋ねられたため、富士吉田駅と答えました。

実は、富士吉田駅は2012年に富士山駅と名称が変わっています。しかし、バスのスタッフの人は富士吉田駅といってもしっかりと伝わっていたようです。

荷物を預け、プリンターで印刷しておいた乗車チケットを見せ、中に入ります。

登山客はおらず、軒並み観光目的のお客ばかりでした。

バスの行先は「山中湖・平野」でした。途中、河口湖駅や富士山駅に停まります。

10時40分にバスが出発、いよいよ富士山駅に向け、出発です。

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。