富士山吉田口3合目から4合目、5合目へ

twitter google+ LINE はてなブックマーク

富士山吉田口3合目です。建物があるものの、使われていません。

道を挟んだ反対側にはベンチもあります。しかし、テーブルは倒れていました。

ベンチもやや不安定です。

3合目の標高は1840メートル。2合目の標高は1700メートルでしたから、140メートル登ってきたことになります。

朽ち果てた建物。周りはロープで覆われています。

本来であれば、この辺りにトイレがあるとのことですが、やはり閑散期だからか、トイレが撤去されているようです。馬返しのトイレもありませんでしたので、5号目までは我慢が必要です。

こちらも後ほど調べたところ、馬返しのトイレと同じく6月から10月までのトイレ設置とのこと。

3合目の場所で少し休憩し、食事を軽くすませ、そして数分後に出発です。

この3合目を少し行くと、再び橋があります。

橋を越え、どんどんと進んでいきます。

25分後くらいに4合目の大黒天に到着。この辺りから、手持ちの登山マップと合目の位置が違ってきます。説明板にも江戸時代には3号5勺と呼ばれていたと記載しています。この辺りが手持ちのマップとの違いの要因のようです。

石碑があり、お供え物なども。

そのまま先に進んでいきます。

途中、ハンカチが落ちていました。こうした落し物もゴミとなるため、登山をする際は落し物をしないように注意したいものです。

ところどころ石が敷き詰められた道も。

どんどん進んでいきます。

4合5勺の御座石には4合目の大黒天から20分後に到着。

すぐ脇に巨石が切り立っています。

そして建物も。文字がうっすらと見ることができ、そこには5合目焼印所と書いてあります。書いてはあるものの、開いてはいないようです。昔の焼印所とのこと。焼印所とは、たぶん木の棒「金剛棒」を持って登っている時に、その棒に印をつけてもらうことだと思います。富士登山中の山小屋などでも、この焼印の有料サービスを行っています。

標高が高くなっていることもあり、徐々に森林限界に近付いていることもあり、木々の高さが低くなり、遠方を拝むことができるようになってきました。

焼印所の脇の方から先に進みます。

石で舗装された道を進みます。

そして富士山吉田口5合目の中宮に到着。

少し進むと建物が見えます。

ここも朽ち果てた建物で、建物の中に土砂が入っています。

さらに進んでいき、再び石柱で覆われた場所に到着。

目の前にはアスファルトの道路が見えます。ここは自動車が行き交う場所です。自動車やバイクが入ってこないための石柱です。

この辺りで雨がパラパラと降り始め。レインウェアを着ようか、ザックにレインカバーをつけようか迷いましたが、とりあえずそのまま進むことに。ザックの中にノートパソコンが入っていたので、どしゃぶりになると少々困ります。

山頂方面もようやく見えてきました。

一度アスファルトの道路の上に上がり、道路を登っていきます。

周囲を眺めながら道路を登ります。

木々の隙間からは街並みも。

再び登山道がありましたので、その場所から上に行きます。

鳥居と社が。

この辺りはしっかりと舗装されているので、歩きやすいです。

再び道路との接合点が。

道路は封鎖されているようで、通行止めのマークがあります。登山道はこの道路とは違う場所にあるため、登山道から上に。

そして5合目のマークを発見。標高2305メートル、4合目がどこを指すのかわかりませんが、手元の地図では2010メートルが4号目とのことなので、300メートル近く登ってきたことになります。

4合目の大黒天からと考えると、1時間ほどで到着です。

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。