ホリデー快速河口湖一号へ乗車するため、新宿駅へ

twitter google+ LINE はてなブックマーク

期間限定で土曜と休日に運行される「ホリデー快速河口湖一号」に乗るため、新宿駅へ向かいます。

発車時間は8時14分ですが、出来るだけ早めに行き、席を確保したいと思い、新宿駅に30分前くらいに到着するように行動を開始しました。

「ホリデー快速河口湖一号」は、特急料金不要で通常料金のみで目的地まで行くことができるため、富士山登山をするにはお得な電車となっています。

指定席もあるのですが、みどりの窓口で当日に席に空きがあるか尋ねたところ、すでにすべて埋まっているとのこと。

このため、30分前に新宿駅に到着するように出発したのは良かったと実感。

新宿駅の11番線乗り場に「ホリデー快速河口湖一号」が到着するとのことなので、そこに移動します。

あとは、電車が来るまで待ちます。

電車が来てもすぐにドアは開かず、15分前にドアが開くとの案内がありました。

並んで待っていましたが、8月下旬の日曜日出発と、少しピークから外れていることもあり、席を埋めるくらい人が並んでいるということはありませんでした。

ドアが開いたので中に入り、席を確保。

出発まで待ちます。出発した段階でも、席は余っていたため、ギリギリに到着しても席に座ることは可能でした。

電車内にはトイレや洗面台もあります。

しかし、飲料水の販売などはありませんので、腹ごしらえ等を希望する場合は、事前に弁当やペットボトル飲料を購入しておきましょう。

電車料金は2560円。新宿から河口湖に向け8時14分に出発です。

のんびりと進んでいくものの、当然目的地に向かっているため、のんびりと車内で時間を過ごしました。あまり重いものを持っていくと荷物になるため、本の一部を切り取って持っていき、それを読み進め。

途中駅の立川駅辺りで人が多く入ってきて、席がすべて埋まり、立っている人もちらほらいる状態に。その後、八王子駅で人が降りていき、席も空いてきました。この電車に乗っている人が必ずしも河口湖まで行くというわけではありませんので、新宿駅で座れなかった人も、途中駅から座れるよう席をチェックしておきましょう。

そうこうしているうちに、徐々に富士山が見えるようになりました。

最初は、向かって右側の窓から富士山が見えますが、その後は左側の方が良く見えます。

そして最後には右側に大きく富士山を見てとれます。最後の右側の富士山は、到着駅である河口湖駅からも同じような形を見られますので、向かって左側の窓際の席に座ることをお薦めします。

やや雲がかかっているものの、しっかりと全景を眺めることができます。

アップで撮影すると、頂上部の一番高いところ「剣ヶ峰」もしっかりとわかります。

ただ、短時間で頂上付近が雲に覆われ。山での天気の移り変わりの早さを窺わせます。

こうして富士山を眺めていき、いよいよ目的地の河口湖駅に到着です。10時22分着。乗車時間は2時間8分です。

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。