富士宮やきそばを虹屋ミミで食す

twitter google+ LINE はてなブックマーク

富士宮駅周辺をチェックした後、さっそく富士宮やきそばを目指して移動開始です。

事前に雑誌でチェックしていた「虹屋ミミ」を目指します。昼の営業は14時までとのことなので、急いで移動。

大きな通り辺りにあるようなだと雑誌の地図で確認していたので、大通りに出て進んでいきます。

道中にも富士宮やきそばののぼりを立てているお店がありました。

しかし、大通りを進んでいってもお店が見つからず、行きすぎたと思って少し引き返しました。

改めて雑誌を確認して場所を把握。

大通りに面していると思っていたら、どうやら小道に入らないといけなかったようです。

小道を進んでいくと「虹屋ミミ」を発見。

さっそく中に。

10人未満しか入れない小さなお店です。

メニューを見て、「富士宮やきそば」を注文。630円。

閉店間際の時間帯だったからか他に客が1組。富士登山シーズンでもないので、そもそも観光客も少ないように思えます。

そして4分ほどで富士宮やきそばが到着。

削り節が上にかかっているので見た目では分かりませんが、具材はキャベツや肉、そしてイカも入っています。

富士宮やきそばの特徴は麺にあるようで、もっちり感のある麺が魅力的です。その麺を少し焼き色を付けるかのように焼いているため、固めのところともっちりしたところの食感が楽しめます。

この手のお店だと具材が少ないというイメージもあったのですが、思った以上に具材が入っており。意識せずに食べていると最後に具材のみが残りそうでした。

確かに、これはうまい、と。さすがB1グランプリを2年連続グランプリになっただけのことはあると感心。

他のお店と食べ比べていないためなんとも言えませんが、富士宮やきそばは堪能できたかな、と。また機会があれば食べてみたいと思います。

食事後は宿泊するホテルを目指し、移動開始です。

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。