富士山閉山日を統一、9月10日までの登山期間に変更

twitter google+ LINE はてなブックマーク

2016年からの富士山の閉山日が、山梨県側からの登山ルートと静岡県側の登山ルート、共に9月10日までにすることが明らかになりました。

今までは閉山日がバラバラで、例として2015年を挙げると、静岡県側が9月10日までだったのに対し、山梨県側は9月14日まで山が開いていました。

これを2016年からは9月10日に統一することになります。

山梨県側から登る予定の人は、登山日が減ることになりますので、事前の予定を早めに決めて登山をする必要があります。

なお、開山日に関しては、基本山梨県側が7月1日、静岡県側が7月10日からと、県によって異なります。

また、基本的な日程ですので、山の雪解けが遅れるなどの状況によっては開山日が遅れることがあります。

早い段階で登る予定の人は、情報収集が必要です。

静岡県側は富士宮ルート、御殿場ルート、須走ルートの3ルートが該当、山梨県側のルートは吉田口ルートが該当します。

以下、関連ニュースです。

『山梨・静岡両県で異なる富士山の開山期間について、山梨県は、閉山日を従来より4日間前倒しして静岡県と同じ9月10日に統一する方針を決めた。来夏から実施する。山梨県の関係者によると、国からの要請があったことや、地元の理解がおおむね得られたことなどが理由という。

富士山の夏山シーズンは両県で時期がずれており、今季は、静岡県が7月10日〜9月10日だったのに対し、山梨県は7月1日〜9月14日。今月、山梨県富士河口湖町であった国や両県などによる協議会で、環境省は「閉山日だけでも一致するよう検討を」と提案。さらに山梨側に対し、「期間が短い静岡に合わせるのが現実的」と変更を求めていた。登山者の安全性や利便性の確保のためとみられる。山梨県は25日に同町で開かれる地元の首長らが出席する会合で報告する方針。

一方、開山日を巡っては「雪解けが山梨より遅い」(静岡)「7月1日が伝統文化として根付いている」(山梨)などの理由で、歩調を合わせるまでには至っていない。』(毎日新聞 2015年12月24日より)

好日山荘 楽天店」は 有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。登山道具はかさばったり重いものも多いため、店舗でチェックし、ネットで購入すると良いでしょう。

ICI石井スポーツ 楽天店」 も有名な登山道具販売店のネット通販ショップです。Yahooショッピングにも参加していますので、お好きな方でご確認ください。